火傷に効く薬

先日うっかり火傷をしてしまったのだが、代謝が悪いのか中々治らない。火傷の痕によく効く薬はないかと思っていたところ、紫雲膏に出会った。

歴史は古く、江戸時代。華岡青洲が作成した。
華岡青洲は江戸時代の外科医で、世界で初めて麻酔を使った手術に成功した人として有名である。
紫雲膏は油脂性軟膏材で、赤紫色をしている。

色も衝撃的なのだが、何よりも臭いが独特である。
寝る前に塗るのをおすすめする。
外出前に塗ると、周囲の人にバレる臭いである。
臭いは酷いが効果は抜群で、じゅくじゅくしていない皮膚トラブルなら大抵は綺麗に治せる。
薬局の火傷などの塗り薬コーナーにひっそりと置かれているロングセラー商品だ。
漢方の外用薬に分類され、ステロイドが入っていないため、安心して使うことができる。
衣服についてしまうと赤紫色になってしまうので、そこも注意が必要かもしれない。

コラム

Posted by Yuka